FF14 漆黒のヴィランズ

いやもう最高。

こんなに満足したゲームは、スタンドアロンでも中々無いぞ。

 

ストーリー

新生から蒼天・紅蓮で散りばめられた伏線を、それは見事に回収している。

ストーリーテリングも素晴らしい。

衝撃映像もあるが...(罪悔い化のシーンは、ちょっとしたトラウマ)

 

ただ、一点だけ。

最後の土地の場所を探すあのイベントだけは許さん。

 

クリスタルタワーが出てくるから、悠久の風だろう!と思ったら、やっぱりそうだったけど、気持ちよいアレンジがされている。

 

個人的には通常戦闘曲が良かった。

蒼天・紅蓮がちょっと期待外れだっただけに、今回も....と思っていたらこれだよ!

 

バトル

紅蓮の後半パッチから、時間差で範囲攻撃を全フィールドを覆うギミックが増えてきたのだが、漆黒は大多数のボスがこの時間差範囲攻撃を使ってくる。

過去のギミックを知っている事を前提にやってくるので、ジャンピングポーションを使っていきなり5.Xやり始めた人には、酷かもしれない。

 

当方、メインジョブはモンク。(サブは、白とNQひろし*1

TPが無くなり、弐の型に範囲攻撃が追加されたので、まとめ狩りがやりやすくなりました。

悉く間に挟むインスタントスキルが無くなったので、比較的シンプルに。

 

だが、紅蓮の極意。テメーはダメだ。

なぜ、スロウデバフが無くならない。

君のお陰で、テンポが狂うんだよ。

...と思ったら、パッチ5.05で削除されたので、凄く組み込みやすくなった。

 

後、無我さんの利用価値が分からん。

疾風迅雷のカウントがストップするのは良いけど、移動を含む何か行動を起こしたら、解除されるの?意味なくね?

 

と思ったら、パッチ5.05で参の型時に演舞すると、疾風迅雷のカウントがリセットされるようになったので、疾風迅雷がとてつもなく維持がしやすくなった。

無我さん、何か用途があるのかなぁ....?

 

総評

 マジ、プレイして。

損はしない。

 

 

ここから先はネタバレ

*1:戦士

続きを読む

2019年の予想

iPad等のタブレットが躍進し、製作デバイスとして浸透してくる

AppleiPad向けにApple Penを発売したんだけど、これまであったBamboo SketchみたいななんちゃってPenデバイスとは違い、かなり使えるデバイスになっていた。

 

また、アプリ側でも、セルシスさんがPC版と遜色ないClipStudioを提供開始した事で、大多数の事がiPadでも出来るようになった。

後追いとなるが、AdobeさんもPhotoshopのフルバージョンをiPad向けに出すと発表した。

 

ハード・ソフトの両方で、iPadが製作デバイスとして利用出来るウェイトが高くなると思う。

 

但し、アプリ製作......要はPCでPCアプリを作成する感じに、タブレットタブレットアプリを作成する事は、全く出来ないため、全てのコンテンツ作成には、まだまだほど遠いかなと思う。

 

 

次世代ゲーム機の情報が徐々に明らかになる

レイトレーシングディープラーニングなどがGPUのハードウェア構成の一つに入ってきているので、そろそろ次世代ゲーム機の情報が徐々に現れてくるんじゃ無いかなと思う。

 

去年のBESTゲーム3

モンスターハンター:ワールドBestPrice - PS4

モンスターハンター:ワールドBestPrice - PS4

 

 新世代のモンハンを垣間見せてくれた素晴らしい出来。

去年のニーアやペルソナ5等に続く「和ゲーも、まだまだ元気だぜ!」を見せ付けてくれた。

 

オープンワールドゲームで一番楽しくない移動を、こんなにも楽しいモノに仕立て上げたゲームは、今後出るのだろうか?と思うほどの素晴らしい出来。

 

クレイトスとアトレウス親子の絆と新しいアクションゲームとなった。

シーン切替無しの演出なども含めて、技術的にも素晴らしい。

流石は、Game Of The Year。

 

GOD EATER3

初代から追っかけているシリーズ。

アクション部分は、相変わらずキレが良い。

色んなシステムを付けすぎて、何がどうなっているのか整理するのが凄く苦労する。

 

 反面、モデリング品質が、PSP世代にちょっと毛が生えた感じなのが残念。

 

iPadProで描いた(CGは久し振り(2年振り?))

久し振りすぎて、ヒドイ出来だわー。

でも、iPadPro + Apple Pencil + CLIP Studio PAINTの組み合わせで、これまで描いてきた事がそのまま流用できる事が分かった。

PCとの共有がもう少しリーズナブルに出来るようであれば、お絵かき作業はもうiPadProで完結しても良さそうやね。

Adobeさんから、Photoshop for iPadも出る事だしね。

f:id:DouglasDourg:20181125105435p:plain

 

スト5の技術記事

ゼンジーさんのストリートファイター5のグラフィック技術記事の続きが公開されてた。

前編・後編と思いきや、3部構成になっていた。

www.4gamer.net

大半は、ゲームグラフィックス 2016 CGWORLD特別編集版で明らかになっているモノだが、そこに開発者の苦労話が入っている部分が、多方面へのコネクションを持つゼンジーさんの真骨頂と言うべきか。

 

ラシードステージの飛行機は動かさずに背景をスクロールさせて飛行しているように見せるやり方に驚かれているようだが、2Dの頃からよく使われている技術だし、MMORPGでもFF14リヴァイアサン戦で2014年に通った道なので、驚きでも何でも無い。

むしろ、単なる演出だけで無く、船自体を傾けさせてプレイヤーを海にたたき落とすゲームギミックをMMORPGで取り入れている方が驚きである。